仲介者は司会役

見合いの席では、仲介者は司会役に徹するように努めます。
一同が席に着いたら、挨拶をします。
女性を男性に、男性を女性に、といった順で双方を1人ずつ紹介します。
仲介者は、2人の出身学校、仕事、生活環境を十分に記憶しておく必要があります。
双方に仕事や趣味の話など振り分けます。
また、和やかな中にも盛り上がりのある場となるようにしていきます。
ある程度緊張が解けて、話も盛り上がり、打ち解けた雰囲気となったら、頃合いを見計らって2人で過ごすよう促します。


Copyright © 2007 仲人の心得. All rights reserved