縁談の進め方

縁談を引き受けるときは、当人の写真と履歴書、自己紹介書などを預かります。
写真は、正式な見合い写真と当人の素顔がわかるスナップ写真も2、3枚提出してもらいます。
また、履歴書や自己紹介書はできるだけ自筆のものにしてもらいます。

縁談の相手となる人が見つかったら、双方のバランスを考えます。
年齢や仕事環境、家庭環境がかけ離れたりすると、話がまとまりにくい原因になります。

諸条件を検討してつり合いのとれる候補者がいたら、結婚する意思があるか、現在進んでいる縁談はないかを確認します。
具体的な結婚話がなく、結婚の意思がありそうなら縁談を紹介します。


Copyright © 2007 仲人の心得. All rights reserved