結納での仲人の役割

仲人には、次のような2つの種類があります。
1.縁談や見合いに関わった仲介者が引き続いてそのままつとめる場合
2.婚約・結納の時点から初めて両家の間を取り持つこととなる場合

どちらの立場であっても、結婚という大切な儀式の証人となります。
ですから、責任をもってつとめるようにします。
また、仲人は両家に対して公平でなければなりません。
親しいほうの家のスタイルに片寄らないように気をつけます。


Copyright © 2007 仲人の心得. All rights reserved