仲人はアドバイザー役

頼まれ仲人の場合は、当事者たちが日取り、式場、結婚の形式などについて、内容をおおよそ決めたうえで依頼にくるケースが多いようです。
仲人を承諾したら、当事者2人の相談ごとは親身になって聞いてあげましょう。
結婚生活の先輩としてよきアドバイザーになるようにつとめます。
婚約期間中は、結婚する2人、両家の橋渡し役は仲人がつとめることになります。
その間、両者間でトラブルが起きたり、万が一、婚約解消ということになったときでも、その手続きや連絡を仲人がとることになります。


Copyright © 2007 仲人の心得. All rights reserved