媒酌人のスピーチのポイント

<媒酌人のスピーチのポイント>
1.前置き・・・司会者に氏名を受けたら、まず自己紹介をします。
自分と新郎新婦との関係、媒酌人を引き受けることになったいきさつなどを簡単に説明します。
見合い結婚で自分以外に新郎新婦の仲介をしてくれた人が列席しているときは、忘れずにその人を紹介します。
注意することは、自分の役職や地位などをくどくどと言わないようにします。

2.列席者へのお礼・・・両家になり代わって、列席してくれた招待客の方々にお礼の挨拶をします。
媒酌人は招待客ではなく、主催者側の立場であることを忘れないようにします。

3.挙式が無事に滞りなく済んだことの報告・・・挙式に列席せず、披露宴から出席している招待客のために、無事に挙式が済んだことを報告します。

4.新郎新婦や両家についての紹介・・・2人の生年月日、出身地、学歴、職業、人柄などを紹介します。
両親や家族構成なども紹介します。
自分が新郎新婦の知人ではなく、両親の知人であるとき、両親の紹介が長くなってしまうことがあるので注意します。

5.2人が知り合ったきっかけ・・・新郎新婦が結婚に至った経緯、交際中のエピソードなどを紹介します。
事前に2人から聞いておいて準備しておきます。

6.新郎新婦への祝辞・・・2人の結婚を祝福します。
同時に、結婚生活や人生の先輩としてのアドバイスなどを話します。

7.新郎新婦に対する支援のお願い・・・新しく結婚生活をスタートさせる2人に、列席者の方々の援助や指導を、新郎新婦や両親に代わって列席者にお願いします。

8.結び・・・最後に列席者へのお礼を述べて、スピーチを締めくくります。


Copyright © 2007 仲人の心得. All rights reserved